医者

心筋梗塞になる前の対策が肝心│長生きするためのメソッド

がんの治療目標

医者

転移がんは治療の難しさによって患者が多く、耳にすることが多い疾患です。しかし、医学の進歩によって治療に関する前向きな情報も多くなっています。それぞれの症状や状況に合わせ、がんの専門病院と総合病院の使い分けが大切です。

もっと読む

女性特有のがん

病棟

卵巣がんは婦人科系がんの中で二番目に罹患率が多く、日本でも抱える人が増加しています。明確な原因は不明ですが、女性であれば誰にでも起こり得ます。症状はがんが進行してから自覚するようになるので、早期発見のためには定期的な検査やセカンドオピニオンが大切です。治療の場合は、名医に相談すると良いと思います。

もっと読む

十二指腸の癌

カウンセリング

胃から小腸までの間を十二指腸と呼び、これらの部位にできるがんを十二指腸がんといいます。もとは良性の腫瘍が変異して起こることが多く、吐き気や貧血、腹痛などの症状がみられる頃には、既にがんが進行している場合があります。しかし、早期に発見できれば負担の少ない治療が可能です。

もっと読む

致死率が高い病気

看護師

一刻も早い治療を

心筋梗塞という病気は、緊急に対応しなければ一刻を争い命にかかわってくる病気です。発症してしまってから治療を受けるまでの時間が、短ければ短いほど助かる確率は高くなっています。心筋梗塞になってしまうと、死亡率が20%前後といわれていて亡くなる人の半分は心筋梗塞を発症してから、数時間以内に亡くなっています。ですから病院での治療は心臓の筋肉の障害をいかにして最小限にするかということと、不整脈が起きてしまわないような治療が行われることになります。全身に血液を送り出している部屋になっている左心室の40%以上の筋肉が壊死してしまうと、ショック状態に陥ってしまい70%以上は死に至ってしまいます。筋肉が死んでしまった広さで、生還できるかどうかが決まりますので、心筋梗塞の発作が起こればすぐに病院に行くことが重要です。

カテーテルを挿入して

近年医療技術が発展してきていますので、血管の中に挿入することができるカテーテルの改善も行われています。股の付け根の比較的に太い血管から、このカテーテルを挿入して心臓の冠状動脈まで直接届かせ、状態を確認しながら血栓を溶かしてしまう薬を直接血液の中に投与しながら、血管を拡張させて血液の流れを再開させることができるようになっています。心筋梗塞を発症してしまい6時間以内が、このような治療を行うことが有効な時間帯になっています。この時間のうちに治療を行うことができれば、詰まってしまった血管を拡張して再開通できる可能性が高く、心臓の筋肉の障害を小さくすることが可能になっています。この治療で命をつなぎとめた人も多くいます。心臓に関する専門病院では、昼夜の別なく心臓カテーテルの準備を行って、献身的な治療に専念しています。