女性

多くの人を震え上がらせる程の致死率|心筋梗塞の様々な治療方法

女性特有のがん

病棟

どのような性質があるのか

卵巣がんは女性特有のがんで、乳がんに次いで患者数が多い婦人科系のがんといわれています。卵巣がんには良性・悪性・中間群が存在しますが、80%以上の人が良性と診断されます。良性と悪性の違いは、成長速度と転移状況にあります。良性は成長が遅く、転移もないです。悪性は成長がとても早く、転移します。中間群というのは、良性と悪性の性質を両方持っている卵巣がんのことです。卵巣には、上皮細胞や胚細胞といった組織があります。どちらにも起きる可能性はありますが、上皮細胞に起きる方が卵巣がん中90%で大半を占めています。胚細胞の卵巣がんは、卵巣胚細胞腫瘍と呼ばれます。上皮の卵巣がんは40代から60代に多く、胚細胞の卵巣がんは10代や20代に多い傾向があります。

治療には名医が選ばれる

卵巣がんは症状がある程度進行してから自覚するとされ、初期の段階で気付きにくいものといわれています。また、検査を定期的に受けていたとしても良性と悪性を誤診している可能性もないとはいえないそうです。そのため、卵巣がんの発見のためにはセカンドオピニオンが必要だと思います。セカンドオピニオンで卵巣のがんが発見された場所、適切な治療や手術が必要になることもあります。診断が難しいので、技術や知識が優れている医師のもとで治療を行うべきだとされます。日本には卵巣がん治療の名医として選ばれている医師が存在するので、治療や手術の際は名医のもとで行う人が多いようです。セカンドオピニオンが必要ではないかと思ったり適切な治療を行うべき時には、名医に診てもらうことをおすすめします。