女性

多くの人を震え上がらせる程の致死率|心筋梗塞の様々な治療方法

十二指腸の癌

カウンセリング

十二指腸の癌の特徴

胃と小腸を繋いでいる消化管を「十二指腸」と言います。十二指腸は胃の出口より、上部・下行部・下部・上行部の4つの部位に分かれており、これらの部位に発生する癌を総称して「十二指腸がん」と呼びます。十二指腸がんは消化管の癌の中では、発生が非常に稀な癌とされています。その為、発生の原因は未だ明確にはされていません。十二指腸がん患者の8割以上が、十二指腸の「腺腫」という良性腫瘍が変異し癌になるとされています。十二指腸がんは発症初期の段階では、自覚できる症状が殆ど現れません。癌が進行すると、吐き気や嘔吐、腹痛や貧血といった症状が現れます。さらに癌が進行し胆汁の出口を塞いでしまうと、顔面に「黄疸」の症状が現れます。これらの症状が現れたら、早期に内科を受診し検査を行って下さい。

十二指腸の癌の治療法

医療機関での十二指腸がんの検査は「内視鏡検査」を行うのが基本です。内視鏡検査とは、十二指腸の細胞組織を採取し病理診断する検査方法です。検査後、十二指腸がんと診断された場合、癌の進行を把握する為にCTやMRIなどの検査を行うこともあります。十二指腸がんは非常に早期に発見することができれば、患者にかかる負担が少ない「内視鏡手術」での治療が可能とされています。早期発見であっても内視鏡手術での治療が困難と判断された場合は、開腹し癌細胞を部分的に切除する「外科手術」が選択されるのが一般的です。癌の進行が十二指腸の粘膜より深く、筋肉の層まで及んでいる場合は「胃切除術」が選択されます。そして癌の進行が非常に重度の場合や、転移が確認された場合などは、抗がん剤を用いた「化学療法」が中心となります。