女性

多くの人を震え上がらせる程の致死率|心筋梗塞の様々な治療方法

がんの治療目標

医者

がんは体のあらゆる部位に起こる細胞の異常で、世界的に患者が多い疾患の一つです。この疾患の大きな特徴として、転移という性質が挙げられます。転移がんは血液やリンパとともに全身に流れます。そのため、最初にがんが発生した部位とは別の場所に転移がんができます。一つ一つの患部を取り除くことが難しいため、転移がんは治療の難しい疾患として扱われてきました。しかし、現代では転移がんの改善と予防まで含めた医療技術が用いられています。このように、治療の難しさによって患者が多いことから、転移がんを耳にする機会が多いです。しかし、医学の進歩により、転移がんの治療に関して前向きな情報を得られることも増えていると言えます。

転移がんの治療は、一般的に入院設備や長時間の手術が可能な総合病院で行われます。しかし、最近では独自の技術を取り入れたがん専門のクリニックが増えています。がんの専門病院として、負担の少ない治療が挙げられます。副作用の多さが抗がん剤の短所でしたが、専門病院では治療に際する苦痛の緩和を重視しています。先端医療や独自の治療として保険が適用されないこともありますが、転移がんの治療の副作用が少ないことは大きなメリットと言えます。一方、総合病院では多くの医師が在籍しているため、セカンドオピニオンを得やすいというメリットがあります。患者自身や家族の状況に合わせて、専門病院と総合病院を使い分けることが大切です。